特定医療法人 自由会 岡山光南病院

回復期リハビリテーションをチームで支える

内科・胃腸科・呼吸器科・循環器科・整形外科・リハビリテーション科

薬剤科

1. はじめに

薬剤科では、患者さんに安全に薬を服用していただけるよう、医薬品の調剤、製剤、患者指導などを行っています。また、院内の各種チームと協同し業務を行っています。医薬品の購入・在庫管理・品質管理と各部署への医薬品供給を通じ、診断や治療に必要な薬を安定して確保する役割も担っています。調剤に関しては、医師の処方箋に基づき、入院患者さんの内服・外用・注射薬を調剤し、医療スタッフはもとより患者さん自身に薬の適正使用に必要な情報を提供し、服薬支援を行っています。入院患者さんへ最善の薬物療法を提供できるよう、各部署と連携し、患者さん本位の薬剤業務を目指しています。

また、様々な職種によるチームに参画し、回診やカンファレンスを行い、院内で部署を超えた活動を行っています。それぞれの専門知識を生かし、協力して治療にあたることで医療の質の向上を目指しています。また、薬剤師が薬剤に関する安全な使用方法などの情報提供・注意喚起を行うことで、安全・安心・良質な医療を提供できるよう活動しています。

yakuzai

2. 調剤業務

薬剤科では主に入院患者さんのお薬の調剤を行っております。患者さんが安心して適正なお薬を服用していただけるよう、医師が発行する処方箋に基づき、処方の内容や患者さんの副作用・アレルギー歴、おくすりやその他常用している健康食品などとの相互作用などを確認し、患者さんが安全にお薬を使用できるよう調剤しています。なお、外来の患者さんについては、院外処方箋を発行しております。

3. 製剤業務

通常使用するお薬は、製薬会社から供給されますが、治療する上で必要な薬が市販されていない場合は、医師の依頼により、市販されている医薬品を用いて病院独自のおくすりを調整します。

4. 薬剤管理指導業務

入院患者さんのおくすりについて、入院時に持ってこられた薬から、退院時にお渡しする薬まで、情報を管理し、医師や看護師、その他の職種に必要な情報を提供します。また、おくすりについての疑問やお薬を使用するにあたって注意していただきたいことなどについて患者さんに情報を提供し、安全かつ有効な薬物治療の支援を目指しています。

5. 医薬品情報管理業務

医薬品に関する情報を製薬会社や厚生労働省、専門書などから収集し、安全かつ有効な薬物治療が行えるよう準備しています。医師、看護師または患者さんからの医薬品に関する問合せに対しても薬剤師の専門的立場から対応できるよう、日々医薬品の情報収集につとめております。