特定医療法人 自由会 岡山光南病院

回復期リハビリテーションをチームで支える

内科・胃腸科・呼吸器科・循環器科・整形外科・リハビリテーション科

部署紹介

外来

busho_gairai

平成26年7月より、外来診療体制が変わりました。
私達、外来看護師メンバーも新たな気持ちで親切・丁寧をモットーに日々精進しております。
患者様の声に耳を傾け、患者様により一層寄り添うことを心掛けて参りたいと思います。
当院では、こうなんクリニックとの連携もあり訪問診療などの在宅医療などの相談もお受け致します。
ご心配な事、不安な事、疑問に思った事がございましたら、お気軽にご相談下さい。

事務

busho_jimu

事務部門は、主に受付窓口業務や医事関連業務を行う医療サービス課と、物品の購入や管理などを行う庶務課があります。医療サービス課は受付業務を担当する言わば病院の顔として、患者さんやそのご家族に安心感を与えられるよう笑顔での対応を心掛けています。庶務課は院内各部署の業務がスムーズに行えるように、物品など必要なものや様々な事柄に対しての準備にあたっています。少ない人数ですが、みんなで協力してより良い病院を目指し日々の業務を行っています。

栄養科

busho_eiyou

栄養科では、入院患者様の給食業務と栄養管理業務を担っています。献立に関しては、選択食や行事食等を取り入れ、患者様に満足頂ける食事の提供を目指しております。患者様だけでなく、病院職員の方の意見も取り入れる為に、食堂に意見箱を設置し、職員の意見も取り入れ、食事の改善に努めています。栄養管理では、管理栄養士がチームカンファレンスに参加し、他職種との情報共有を行い、患者様の栄養状態の評価を行っています。また、NSTでは、管理栄養士が主体となり、低栄養の患者様の抽出、定期的な栄養状態の評価を行っています。当院は回復期リハビリテーション病院ですが、栄養状態が悪ければ、効率的なリハビリを行うことも難しいです。最近では、「リハ栄養」という言葉もよく聞くようになっています。効率的なリハビリを行うために、リハビリだけでなく、栄養状態の改善にも力を入れています。

放射線科

busho_houshasen

当院では一般X線撮影装置、X線TV装置、骨密度測定装置、CT(Computed Tomography)装置、回診用X線撮影装置、携帯型X線撮影装置を有しており、これらの装置を用いて診療放射線技師としての業務をこなしております。昨今の医療では画像診断が重要な役割を担っていますので、そのことを念頭に置き、質の高い画像を提供できるよう日々精進しております。

薬剤科

busho_yakuzai

薬剤科では、患者さんに安全に薬を服用していただけるよう、医薬品の調剤、製剤、患者指導などを行っています。また、院内の各種チームと協同し業務を行っています。医薬品の購入・在庫管理・品質管理と各部署への医薬品供給を通じ、診断や治療に必要な薬を安定して確保する役割も担っています。調剤に関しては、医師の処方箋に基づき、入院患者さんの内服・外用・注射薬を調剤し、医療スタッフはもとより患者さん自身に薬の適正使用に必要な情報を提供し、服薬支援を行っています。入院患者さんへ最善の薬物療法を提供できるよう、各部署と連携し、患者さん本位の薬剤業務を目指しています。

薬剤科について詳しくみる